表Blogはこちら

ホームページはこっち


2019年10月14日

番外編 さよなら2CV

とうとうシトロエン2CVとお別れしました。
25年間ありがとう。

最後の朝に
r0018492.jpg
posted by けんけん at 22:00 | トラヴィック
2019年10月06日

長年懸案の・・

クルーズコントロールがセットできました。

だいぶ前にOpcomを手に入れておいたのですが、車両と通信はできていてもプログラムの書き換えは出来ずにおりました。
 Opcom V1.45 Opcom china clone 2010.08 Amazonで購入
opcomopel.jpg

OBD2アダプタをコンソールの端子に挿してOpcomを立ち上げてエンジンキーをイグニッションONの位置まで回します。ここでエンジンは掛けません。

dsc_0962.jpg

dsc_0963.jpg

dsc_0964.jpg

dsc_0965.jpg


このエンジンを掛けないというところが分かっていなかった。

本日ググり直したら(DuckDuckGoで)イギリスの愛車家のBBSでZafilaの書き換えをしたという人の文章の中に、注意書きとしてイグニッションONの位置だがエンジンは掛けないと書いてありました。
海外でも悩んでいる人は多いようです。

このようにして書き換えは成功しました。
非常に快適です。
特に調律師として腰痛持ちなので長時間の運転のときに負担の軽減になります。
posted by けんけん at 19:00 | トラヴィック
2018年12月27日

ヘッドライトユニット交換

加齢と共に夕暮れ夜間など暗くなると見えにくくなってきて危険を感じておりました。

車も10年を超えてくるとヘッドライトの樹脂レンズの透明度が下がり(曇ってはいませんが)明るさを感じなくなります。
バルブを明るいものに替えてみましたが少しの改善でした。


またデイタイムランニングライト(DRL)も必要と感じていたので、色々考えた挙句以下のヘッドライトユニットの交換、ロービームはHIDにすることにしました。

ヘッドライトユニットは台湾Sonar社のもの。
純正パーツに比べて質は劣るとのことでしたが、価格は安く車検対応でポン付けできます。
light.jpg

車への取付は当初自分でするつもりでしたが、ほかの修理のためいつものカークリニック原に預けることがあったのでついでにお願いしました。
レンズ周りのシールが不十分な仕上がりだったので自分で追加シーリングしておきました。
 ・
 ・
 ・
こんなふうに取り付きました。
LEDのポジション点灯中、これを配線を変えてDRLとしても働くようにするつもりです。
dsc_0774.jpg

ロービームはH1ハロゲンのプロジェクター式になり、これに後付のHIDランプ(35W)を組込みました。
ハイビームはハロゲンH1のままです。
プロジェクターユニットのバルブ位置に問題があり発光点が車両奥側に寄り過ぎとのことで調整してもらいました。

カークリニック原の大河内さんのおかげでロービームのカットラインはきちんと出ていますので対向車を幻惑することは無いと思います。
配光に若干のムラがありますが明るさは劇的に向上したので良しとします。
posted by けんけん at 19:00 | トラヴィック
2018年11月29日

冬タイヤに交換とETC修理

夏タイヤから冬タイヤに交換する時期になりました。
いつもは工房で自分で付け替えているのですが、先日パンクしたタイヤも新品に組み付け交換しなければならないので、これらの作業を持ち込み交換屋さん「ピットステーション豊明店」に依頼しました。

パンク交換のための新しい夏タイヤは例によってアマゾンに注文。
ピレリP1を1本だけです。
アマゾンからの配送先はピットステーション豊明店に指定。

仕舞っておいた冬タイヤを出して昨日のうちに車に積み込んでおいたので今日はそのまま午前の仕事に行きます。

タイヤ交換は午後2時の予約です。
担当の人はいつものように素早い作業で3時前には終わりました。
費用は全て込みで4428円でした。

お店の人の話では、今年は釘を踏んでのパンクが多いのだそうです。
きっと景気が良くて??建築業界が忙しいのでしょう。


さて、工房に戻ってETCを取り付けます。

これも先日来カードをローディングできなくなっていたものを自分で修理をしたのです。
カルソニックカンセイのETC車載器。
古いのでこの際ETC2.0の新しいものを買い直そうかとも思ったのですが、やはり修理することにしました。

ネットで調べると、カードのローディング、イジェクトの機構のグリス硬化が原因らしい。

分解してみると、たしかにグリスで固着してスライド機構が動きません。
手元にあった接点復活剤(潤滑剤入り)を吹き付け何度か動かしているうちにスライドするようになりました。
適当なカードをいれてロックやイジェクトができるか確かめました。

元のように組み付け車に取り付けてみるとETCカードを読んでくれたのでOKです。

いそいで作業したので修理中の写真は取りませんでした。
分解前のETCユニット
dsc_0723.jpg
posted by けんけん at 20:34 | トラヴィック
2018年11月20日

パンク

仕事に行く前に車を目視で点検したら左後ろのタイヤの空気が抜けていることに気がついた。

ちかくのガソリンスタンドで空気をいれようとしたら店の人が「これはパンクしてますよ」と。
リフトアップしてみたら大きな釘が刺さっていました。残念!!
dsc_0716.jpg

65mmくらいあるステンレスの釘。どこで拾ったのだろう?
dsc_0717.jpg

パンク修理をしてもらったが釘が太く曲がって斜めに入っているとのことでダメでした。
残念!!!

スペアタイヤに付け替えて仕事に向かいます。
後日新品に交換だ。
posted by けんけん at 19:00 | トラヴィック
2018年02月05日

スタッドレスタイヤ交換

トラヴィックは昨日やっと車検と修理から戻ってきました。
昨年11月から約3ヶ月間預けてあったので夏タイヤからスタッドレスに付け替えてなかったんです。

午前中に急いでタイヤの付け替え。

今回からこんな道具を導入。
欧州車のホイールはハブにボルトじめなので、ホイール脱着時に予めガイドボルトを入れておくと手で支えていなくて良くなり作業性が向上します。
dsc_0248.jpg

ホイールをセット時つきだしたガイドボルト。4つのラグボルトをかるく締めたあと手で簡単に緩めて抜き取り残りのラグボルトを入れます。
dsc_0250.jpg

最後にトルクレンチを使い規定の締力で締めておきます。

夏タイヤは軽く洗ったのち工房の保管場所にしまいました。
これでやっと工房での仕事スペースが広くなりました。
posted by けんけん at 00:00 | トラヴィック
2017年09月03日

バックカメラ交換取付

半年以上不調だった(映らなくなった)バックカメラをあたらしいものにやっと交換しました。

ピアノ調律に伺った先のお客様宅の駐車場をお借りすることが多く、駐車スペースも様々です。
思わぬ突起物があったりするのでカメラは必須なんですが、壊れてからなかなか直せないでおりました。

前回はアマゾンで中国製のカメラを買ったのですが防水が不十分で壊れたものと考えられます。今回も懲りずに中国製のカメラ(水平に埋め込むタイプ)を買ってみました。

前のカメラは直視タイプだったのでバックドアガーニッシュに斜めに埋め込んだのですが、その場所に新たにブラケットをアルミ板で作って水平になるよう埋め込んだところ目立たず良い感じにできました。

モニターまでの配線も引き直し。

前のカメラより画角が狭いのが残念ですがまあ次第点でしょう。

dsc_0092.jpg


posted by けんけん at 19:30 | トラヴィック
2017年07月31日

タイヤ交換

遅ればせながらやっと夏タイヤを交換しました。

今回はいつものミシュランからPIRELLI CINTURAO P1へ、サイズは変わらず 195/65R15。
純正ホイールへはめ替えです。



アマゾンでタイヤをポチッと注文して工房の近所のタイヤ交換専門店「PITステーション1号線豊明店」に直送。
タイヤ交換日時を予約しておいて指定の時間に店頭へ、
約45分で作業終了。

お店はこちらです。

15インチですとタイヤ・バルブ交換、廃タイヤ処理など含めて6480円でした。
作業も早く丁寧でおすすめです。
posted by けんけん at 19:46 | トラヴィック
2017年07月01日

昔シトロエンGSという車があってな

昔シトロエンGSという車があってな、これに乗っていたんじゃよ・・・。

今見ても美しいスタイルです。
0304.jpg

GS1220パラス、まさしくこの画像の車でした。白色でした。
パワーはないが静かな空冷エンジン、トランクも広く荷物がたくさん積め、例のハイドロサスで乗り心地も上々、カーブの続く山道での姿勢変化も無く、高速道を走ってもまっすぐ安定して走れ、その上雪道にも強かったことを覚えています。
初めて所有した外車でしたが、この車でヨーロッパ車に目覚めました。

時は移り、ある時このブログにチェンバロを積んで移動するのにも使えそうな車ということで初代シトロエンC4ピカソ(グランドピカソ)のことを書いたことがあります。

たまたま今年1月にパンダ2号から買い替えのため妻が選んだ車がそのC4グランドピカソ(ニ代目)だったのです。
偶然なのか、乗ってみたいと思っていた車が我が家に来てくれました。
子どもたちは「匂いが嫌(新しい車のあの匂い)」と言いながら喜んで乗っています。

何か縁を感じています。
posted by けんけん at 13:02 | トラヴィック
2017年06月06日

ウインカーレバー交換

突然ウインカーレバーの節度が無くなり動作後のリターンも効かなくなりました。
右左折時は指で押さえておかないと戻ってしまいます。

まあ、故障は突然やってくるものですが・・。13万強キロ走っていますから・・・。

さて、ヤ○オクにちょうど良い出品があったので即決で落札。
届いて品をみたらクルコンスイッチ付きのレバーでした。
ワイパーレバーもセットだったので次に壊れたら交換可能かも(笑)

さて、動作は問題なかったので仕事が空いた日に取付。

短時間で取り付けできました。

dsc_0032.jpg

ウィンカー、ディマー、パッシング等正常動作です。
もちろんクルコンはコネクターは繋いでいますが動作していません(笑)

posted by けんけん at 17:27 | トラヴィック
2017年01月14日

積雪でタイヤ性能チェック

寒波の襲来で14日から雪が降り緑区でも夕方から積もり始めました。
お昼前から工房で仕事をしていたのですが、午後7時頃には道路にも数センチの雪が。

図らずも新しく履いたスタッドレスタイヤ ピレリ・アシンメトリコをかるく試せました。

アタリマエのことですが、もちろん全く滑ること無く走行できました。
凍結路は試せないのでそれはわかりませんが平地での突然の雪にはだいじょうぶでしょう。

緑区は坂が多いので突然の降雪時に夏タイヤのため滑って走行できなくなる車両が続出します。
今夜も夏タイヤのままそろりそろり走っている車両が何台も。
冬支度をしていないなら車を出さない勇気が必要だと思いますが。

posted by けんけん at 21:31 | トラヴィック
2016年12月03日

スタビリンク交換

フロントスタビライザーリンクを交換しました。
このパーツは寿命が短く5、6万キロで交換したほうが良いようです。
以前はそのジョイントから異音が出て6万キロ台で交換しました。

今回は異音はなかったけれど13万キロちょっとになったので。
前回の交換時から7万キロ弱です。
ハンドリングが甘くなり、特に直進時路面がデコボコで荒れたような場合にフラついてハンドルを取られるような感覚があって早急に交換しなければと思っていました。

ちょうど12ヶ月点検に出した時にベアリングから異音がするとのことでVベルトテンショナーを交換することになったのでついでに作業してもらいました。

車が戻ってきたらすぐにその効果が分かります。
フラつきが無くなりドッシリと直進するようになりました。
誰かが言ってたけどまさしくオンザレール!
もっと早く替えればよかった。
posted by けんけん at 22:06 | トラヴィック
2016年11月04日

スタッドレスタイヤ新調

摩耗して夏タイヤ代わりに使ってきたミシュランX-ICE。
残り溝がなくなり早急に替える必要が出てきました。

冬山方面には行かない私の場合、名古屋市内近郊(高速道路を含む)での突然の雪や凍結に備えるためスタッドレスタイヤは保険のようなもの。
どちらかというとドライやウェット性能重視です。

今回はコスト重視でドライ性能は充分なピレリ・アイスアシンメトリコを選択。
サイズは195/65R15


ピレリタイヤは何十年ぶりか・・・。
その昔P4履いたことがありました。

近所のタイヤ持ち込み取り付け専門店で日時を予約しておいてタイヤはアマゾンでポチッと注文。
配送状況を確認すると予約日前日に届いた模様。
仕事帰りに取付店へ寄って1時間で取り付け完了。(店員さん一人で作業していたので)

店員さんの仕事は丁寧で取り付けにも問題なし。
脱着、バルブ交換、廃タイヤ処分などでもろもろ6480円税込みで助かりました。
お店はここPITステーション 1号線豊明店

161025-185444.jpg

アマゾン販売、発送のタイヤを購入しましたが16年35週製造が来ましたから新しくてよかった。

まだ少ししか走っていないけれど、ミシュランX-ICEより少し腰が柔らかいかな。

こんど夏タイヤ買うときにもお願いしよう。
posted by けんけん at 11:33 | トラヴィック
2015年11月02日

エクスジェル モニートツーリング シートクッション

車のシートに敷くクッションとしてエクスジェル (EXGEL) モニートツーリング シートクッション を買ってみました。

151029-120033.jpg

私はヤセ型で肉がなく尾骨が当たるので具合の良いシートクションを探していました。
カーショップなどで買える程度の商品ではすぐにヘタってしまったり分厚すぎたりかえって腰に負担が掛かります。(腰痛持ちですし)

しばらくトラヴィックが修理に出ている間借りていたト○タの車のシートには閉口しました。やわらかすぎるシートでおしりが深く入り込みすぎておしりも腰も痛くなるんです。

このエクスジェル モニートツーリング シートクッションをト○タの車のシートにおいてみたところ具合が良いので驚きました。薄いクッションなのに無駄に沈み込まなくなったんです。

今はトラヴィックで使っています。ドイツ車のシートはもともとやわらかすぎず体のホールドが良いのですが、このシートクッションを敷くとより尾骨に当たるのが減っておしりが楽になります。

良い買い物をしたと思います。
次は腰をサポートするクッションも追加しようかなぁ。


posted by けんけん at 09:07 | トラヴィック
2015年02月13日

トラヴィック バッテリー交換

久々のバッテリー交換

ACデルコ 20-72 Amazonで購入 ¥11,120でした。
交換時走行距離 112702Km

もちろん自分で交換作業をしました。仕事の合間に・・。



さすがに前回の交換から4年なのでこの寒さでセルの勢いもかなり鈍ってきましたし
オルタネータには負担がかかるし
電圧が下がるとコンピューター関連が誤動作する可能性もあるのではと疑いを持つようになってきました。

昨年12月に妻のパンダ2号のバッテリーを交換したのですが
パンダの場合、それまでアイドリング中オルタネーターに負荷がかかっているのかグッグッというような音が聞こえていたのがまったく無くなり、アイドル回転数も変動が若干あったのがこれも無くなったのでした。
それだけでなく走行時もなんだか力強くなったような気がして・・・。

やはりバッテリーは早めに交換するのが吉のようです(^^)v

交換は午後2時過ぎに短時間で済ませたのですが、その時は晴れていたのに冷たい風が強くて参りました。
夕方には雪が吹雪のように舞っていたくらいですからとても寒い日だったんですね。
寒かったけれど早いうちに交換作業を終えられてよかった!

posted by けんけん at 22:12 | トラヴィック
2015年02月10日

カーナビを取り替えました

ずっと使ってきたパナソニックのポータブルカーナビ
 デルNAVI KX-GT300V

VICSもFMの他に光ビーコンで受けられ渋滞回避にも有効活用できていましたが、肝心の地図が更新されなくなって不便になってきました。

使用しているゼンリンのDVDデルNAVI専用ナビソフトドライブマップDVD全国版8は2009年4月までの市町村合併、新規道路情報ということで、もうメーカーからの更新は無く仕事でナビを使うには役に立たないのも同然です。


さて、他のブログでも書きましたが

アンドロイドタブレットのNexus7を2代にわたりカーナビ代わりに使う実験をしてきた結果
十分使用可能と考えてデルNAVI KX-GT300Vを取り外し
Nexus7を車載できるようにホルダーを作りました。

タブレットには携帯電話同様に個人情報も入っているので車に置きっぱなしにはできません。
乗り降りのときには取り外し持ち歩く必要があります。

こんなふうに取り付けて使用しています。
150209-123811.jpg

自作のホルダーの様子
150209-123717.jpg
上からタブレットをスライドさせてアルミ枠にはめ込みます。片手で簡単にしかも瞬時にできます。
画像にはありませんがUSB充電ケーブルも支障なく繋がります。

はじめは試しに既成品の挟み込む形式のタブレットホルダー(吸盤式)を買ってみましたが、車に乗り降りするたびに毎回挟んだり外したりが結構面倒でしたので、スライドイン形式のホルダーを探してみましたが既成品にはありません。
また吸盤式のホルダーはタブレットの重さで吸盤が外れて落ちることも考えられますのでダッシュボードにしっかりと取り付けられる構造を考える必要があります。

そこで「無いなら作ってしまえ」ということで

デルNAVIで使っていたパナソニックのカーナビ純正の金属製のスタンド(自由雲台)を利用することに。これは3Mの強力な両面テープでダッシュボードに貼り付けています。デルナビの時とは貼り付け場所は変えた。

自作のホルダーはL字型のアルミ枠を使用、ガタつき無くタブレットが収まるように製作、さらに購入した既製のタブレットホルダーのボールマウントを利用して運転席から見やすいように方向など調整自由にできるように作っています。

Nexus7には背面カメラもありドライブレコーダーとしても使えるということなので、もちろんホルダーもその利用もできるよう製作しましたが、この車には既にドラレコは専用機が取り付けてあるのでNexus7はいまのところドラレコとしては使っていません。

残念なことに、以前のカーナビはリヤバックカメラのモニターとしても使用おり今回Nexus7をカーナビ化することでカメラモニターが無くなってしまいした。
そこで4.3インチの液晶モニターをダッシュボード内メーター左横に取り付けてギアを後退に入れた時だけ映るようにしています。(画像・タブレットの右下)
ただしこの液晶モニターの取り付けマウントの形状が僕の車には合わず見てくれが良くないので加工が必要。いずれ加工しましょう。


今回買った液晶モニター

値段の割には使えると思います。
2系統の自動切り替えビデオ入力があるので、前から懸案のフロントカメラも作って見ようかな。

ついでに
今回買ってみたタブレットホルダー

挟む部分とマウントにつながる部分の構造は結構お値段の良い製品と同様(ノーブランドとあるが、もしかするとどこかのOEM製品か)に見えます。
結局挟む部分とその次のボールマウントだけ加工利用しています。
posted by けんけん at 10:44 | トラヴィック
2012年11月03日

ドライブレコーダー取り付け

ひさびさのトラヴィックねたです。

ずっと前から欲しかったドライブレコーダー。

1年以上前に仕事で運転中信号のある交差点で右折車に直前を右折され衝突したいやな経験があります。

それは僕が信号青で直進中、右折待ちの某電○保安協会の営業車(軽ワンボックス)が前を見ずに右折を初め、急ブレーキが間に合わずその側面に衝突したのでした。

幸いかなり減速したので怪我も無く車も小破で済んだのですが、なんと相手はその場から逃走してしまい、これまた幸いにも目撃者がその場で警察官に目撃情報を説明してくれたおかげでその日のうちに相手が判り、翌日には上司に付きそわれて僕の家まで謝罪に来ましたが。

なぜ前を見ずに僕の直前を右折したか、理由を聞くと「ボーッとしていた」んだそうです。ではなぜ逃げたかを聞くと「動転した」んだそうです。

 

 

こんな経験があったのでどうしてもドライブレコーダーが欲しかったのですが、当時販売されている商品の仕様、性能を調べるとどうも不完全で、まずビデオ映像の画質の点。

例えば相手の車のナンバーが不鮮明で読み取れないとか、画角が狭く広範囲が映らないとか、昼夜やトンネルなどの明るさの違いに追随してないとか。

事故時など衝撃が加わった時に記録するのではなく常時録画タイプが欲しかったのです。常時録画していても衝撃が加わったらのそのビデオファイルは消されないよう特別に保存されなくてはいけませんし。

耐久性や価格の面も気になります。

最近やっと目的に適うものが見つかりました。

韓国iTRONICS社製のITB-100HD

  • 200万画素,144°の高画質FULLHD映像
  • SDカード32Gまで、常時記録、イベント記録及び駐車監視記録
  • GPS
  • 専用ビューアソフト ナイトモード有り
  • 電源バックアップ機能搭載
  • バッテリー保護機能搭載

なんだそうです。

日本で普通には売っていないのでQoo10で韓国の業者に注文しました。

日本円で16,290円(送料込み)で、注文から12日かかって届きました。(岡山への演奏旅行には間に合わなかった)

 

現在仮付けしてテスト中です・・。

posted by けんけん at 12:46 | トラヴィック
2011年02月02日

カーオーディオその後

走行テストをしたところ電源が切れたり入ったりすることは無くなったようです。
買い替えかとも思ったので助かりました^^。

posted by けんけん at 21:30 | トラヴィック
2011年01月30日

カーオーディオの不調

カーオーディオとしてクラリオンのDXZ845MCというのがついているのだが
先日から走行中ラジオを聞いているときなど勝手に電源が切れたりまた入ったりするようになった。止まっていても各種設定などがうまくできないこともある。イルミネーションや時計は生きているので電源線やアースの切断ではない。

症状から見てDCPユニットとの通信が途切れるような感じなので分解してみた。
DCPユニットは取り外せるようになっていて、しかもCDを入れるときのために可動式になってる。

フィルム状のケーブルが前面のプレートのコネクターから本体内に繋がっているのでその先が怪しいと睨み、天板を外してCDユニットを外したらプリント基板上にDCPとの接続ケーブルがあったのでコネクターの上から押してみるとカチッと言う音がしたのでやっぱり浮いていたようだ。ほかにも本体ケースなどにネジのゆるみなどがあった。

車に戻したら設定等はできるようになったから治った可能性は高い。今日はもう車を出さないから明日走行時テストをしよう。


posted by けんけん at 17:07 | トラヴィック
2010年09月23日

ダウンサイジング

最近車関係でもダウンサイジングという言葉が良く言われている。

ボディもエンジンも必要以上に大きくなりすぎたのだと思う。いや、「大きくしすぎた」だ。
多人数で長距離移動ならともかく普段一人しか乗らないのにこれでは無駄スギ!

たまたまトラヴィックの修理時に借りた新型のレガシィワゴンが大きかった。
狭い道では、といってもよくある新興住宅地の6m幅の道路でも電柱がはみ出ていたりしてすれ違いに気を遣うし駐車場に入れるにも気を使うどころか物理的に入らないこともある。

レガシィを借りている間に実は瀬戸市のお客様のところに行かねばならなかったのである。
レガシィでは絶対無理なのでpanda1号で仕事に行ったわけだが。
瀬戸旧市街は道が狭い。また立ち並ぶ家も古く各戸に駐車場もあっても狭いのだ。軽自動車でいっぱいいっぱいということも珍しくない。

お客様にお借りした駐車場は軽自動車サイズだった。現行の肥大化した軽では大変だろう。パンダでちょうど良いくらいだ。
昔の軽やリッターカーなら問題なかっただろう。

スバルのサービスフロントの人もいっていたが、これからは国産車もダウンサイジングの時代だろうとのこと。
具体的にはまだ見えないけれども。
ヨーロッパではすでに始まっている。

posted by けんけん at 08:46 | トラヴィック