表Blogはこちら

ホームページはこっち


2010年09月23日

ダウンサイジング

最近車関係でもダウンサイジングという言葉が良く言われている。

ボディもエンジンも必要以上に大きくなりすぎたのだと思う。いや、「大きくしすぎた」だ。
多人数で長距離移動ならともかく普段一人しか乗らないのにこれでは無駄スギ!

たまたまトラヴィックの修理時に借りた新型のレガシィワゴンが大きかった。
狭い道では、といってもよくある新興住宅地の6m幅の道路でも電柱がはみ出ていたりしてすれ違いに気を遣うし駐車場に入れるにも気を使うどころか物理的に入らないこともある。

レガシィを借りている間に実は瀬戸市のお客様のところに行かねばならなかったのである。
レガシィでは絶対無理なのでpanda1号で仕事に行ったわけだが。
瀬戸旧市街は道が狭い。また立ち並ぶ家も古く各戸に駐車場もあっても狭いのだ。軽自動車でいっぱいいっぱいということも珍しくない。

お客様にお借りした駐車場は軽自動車サイズだった。現行の肥大化した軽では大変だろう。パンダでちょうど良いくらいだ。
昔の軽やリッターカーなら問題なかっただろう。

スバルのサービスフロントの人もいっていたが、これからは国産車もダウンサイジングの時代だろうとのこと。
具体的にはまだ見えないけれども。
ヨーロッパではすでに始まっている。

posted by けんけん at 08:46 | トラヴィック