表Blogはこちら

ホームページはこっち


2018年12月27日

ヘッドライトユニット交換

加齢と共に夕暮れ夜間など暗くなると見えにくくなってきて危険を感じておりました。

車も10年を超えてくるとヘッドライトの樹脂レンズの透明度が下がり(曇ってはいませんが)明るさを感じなくなります。
バルブを明るいものに替えてみましたが少しの改善でした。


またデイタイムランニングライト(DRL)も必要と感じていたので、色々考えた挙句以下のヘッドライトユニットの交換、ロービームはHIDにすることにしました。

ヘッドライトユニットは台湾Sonar社のもの。
純正パーツに比べて質は劣るとのことでしたが、価格は安く車検対応でポン付けできます。
light.jpg

車への取付は当初自分でするつもりでしたが、ほかの修理のためいつものカークリニック原に預けることがあったのでついでにお願いしました。
レンズ周りのシールが不十分な仕上がりだったので自分で追加シーリングしておきました。
 ・
 ・
 ・
こんなふうに取り付きました。
LEDのポジション点灯中、これを配線を変えてDRLとしても働くようにするつもりです。
dsc_0774.jpg

ロービームはH1ハロゲンのプロジェクター式になり、これに後付のHIDランプ(35W)を組込みました。
ハイビームはハロゲンH1のままです。
プロジェクターユニットのバルブ位置に問題があり発光点が車両奥側に寄り過ぎとのことで調整してもらいました。

カークリニック原の大河内さんのおかげでロービームのカットラインはきちんと出ていますので対向車を幻惑することは無いと思います。
配光に若干のムラがありますが明るさは劇的に向上したので良しとします。
posted by けんけん at 19:00 | トラヴィック