表Blogはこちら

ホームページはこっち


2019年08月25日

発表会

8月11日に発表会がありました。(古い話で恐縮です)

今回は演奏時間が長かったため子どもたちはたくさんの曲をもらっていました。
すべて室内楽アンサンブルの曲です。
とても勉強になります(^^)

長女はモーツァルトのヴァイオリンとコントラバスの2重奏曲を2曲。
長男はヘンリー・エックレスのソナタ・ト短調全曲。

ほかにカルテットの演目があり、
長女はホッフシュテッターのカルテット「ハイドンのセレナーデ」2、4楽章を1'stVnで。この2'ndは長男。
長男はハイドンのカルテットOp.1-1の1楽章と4楽章を1'stVnで。こちらの2'ndは長女。
ヴィオラは私、チェロはT女史にお願いしました。

また賑やかし?で私もヴィオラでベートーベンの「ヴィオラとチェロの眼鏡のような2重奏曲」を弾かさせていただきました。こちらのチェロもT女史にお願いしました。

先生のおかげで、子どもたちは呼吸を理解しているので合図が明確です。手前味噌ですが面白いアンサンブルができました。

つぎは9月のハイドンフィルに向けて勉強です。
今回はハイドンの交響曲第55番と第75番、子どもたちは曲により1st、2ndをスイッチしながら取り組んでいます。
交響曲は今回の曲はそれぞれ45分以上有るので演奏技術もさることながらとてもスタミナがつきます。
posted by けんけん at 22:25 | 子どもたちのヴァイオリンレッスン