表Blogはこちら

ホームページはこっち


2018年12月27日

ヘッドライトユニット交換

加齢と共に夕暮れ夜間など暗くなると見えにくくなってきて危険を感じておりました。

車も10年を超えてくるとヘッドライトの樹脂レンズの透明度が下がり(曇ってはいませんが)明るさを感じなくなります。
バルブを明るいものに替えてみましたが少しの改善でした。


またデイタイムランニングライト(DRL)も必要と感じていたので、色々考えた挙句以下のヘッドライトユニットの交換、ロービームはHIDにすることにしました。

ヘッドライトユニットは台湾Sonar社のもの。
純正パーツに比べて質は劣るとのことでしたが、価格は安く車検対応でポン付けできます。
light.jpg

車への取付は当初自分でするつもりでしたが、ほかの修理のためいつものカークリニック原に預けることがあったのでついでにお願いしました。
レンズ周りのシールが不十分な仕上がりだったので自分で追加シーリングしておきました。
 ・
 ・
 ・
こんなふうに取り付きました。
LEDのポジション点灯中、これを配線を変えてDRLとしても働くようにするつもりです。
dsc_0774.jpg

ロービームはH1ハロゲンのプロジェクター式になり、これに後付のHIDランプ(35W)を組込みました。
ハイビームはハロゲンH1のままです。
プロジェクターユニットのバルブ位置に問題があり発光点が車両奥側に寄り過ぎとのことで調整してもらいました。

カークリニック原の大河内さんのおかげでロービームのカットラインはきちんと出ていますので対向車を幻惑することは無いと思います。
配光に若干のムラがありますが明るさは劇的に向上したので良しとします。
posted by けんけん at 19:00 | トラヴィック
2018年12月24日

クリスマスイブ

今日も昼から工房で仕事だったのですが、午後8歳の息子が妻と工房を訪ねてきて妻がフォルテピアノの練習をしている間外で縄跳びの練習をしておりました。二重飛びが連続で出来ないのだそうです。

縄跳びにも飽きて音楽室でチェンバロを弾き出した息子・・・

工房に僕を呼びに来て、「パパ、見せたいものが有る」というのです。

音楽室のチェンバロのところに一緒に行ってカプラーを操作しながら
「パパこれ知ってる?」と得意げに聞く息子。
チェンバロの鍵盤カプラーのことをテレビで見たというのです。

「こうすると上下の鍵盤が繋がって動くんだよ、知ってた?」

・・・・・

息子よ、そのチェンバロはパパが作ったものだ・・・


その後息子は妻とバッハのメヌエットなどを弾いておりました。


仕事を終え家に帰ったら子どもたちは早く寝ると言っております。

「今夜はサンタさんが来るんだ」

毎年NORADのサンタ追跡サイトでサンタの飛ぶ姿を見せているのです。
でも日本に来る前に良い子で寝ていないとプレゼントはもらえないのです(笑)

今年はもらえるのでしょうか?
posted by けんけん at 23:01 | 子育て