表Blogはこちら

ホームページはこっち


2017年01月23日

さよなら、Panda2号

妻が車を買い換えることになり昨日納車でした。
妻が約10年乗ってきたPanda2号もついにその役目を終え下取り車として引き取られてゆきました。

妻はもともと僕がPanda1号に乗っていたことに触発され2007年に当時新車で買って1年ほどのゴルフから中古の2000年式のパンダCLXセレクタに買い換え、それがPanda2号で女性ワンオーナーの14000Kmしか走っていない極上の車でした。
それ以来妊娠出産子育てや仕事、また演奏会へコントラバスを運んだりと十分活躍してくれたのです。

時にはパンダにお決まりの故障で主治医の工場で長い間入院したことも何度もありましたが、いつも元気に復活しては独特の排気音で子どもたちにもママの帰宅がすぐにわかるほどでした。
車検や修理の維持費などは外車としてはかなり廉価だったと思います。

いろいろな思い出があるPanda1号2号、生まれた時から乗っている子どもたちの脳裏にもパンダと過ごした日々は強く残ることでしょう。
僕としては本当はもうすこし長く乗ってもらいたかったんですが、楽器(コントラバス)を積むと他に人が乗れないなど子供二人がいる生活にそぐわなくなってきたのでやむ無しです。

さよならPanda2号。
ありがとうPanda2号。
posted by けんけん at 16:13 | Panda2号
2017年01月14日

積雪でタイヤ性能チェック

寒波の襲来で14日から雪が降り緑区でも夕方から積もり始めました。
お昼前から工房で仕事をしていたのですが、午後7時頃には道路にも数センチの雪が。

図らずも新しく履いたスタッドレスタイヤ ピレリ・アシンメトリコをかるく試せました。

アタリマエのことですが、もちろん全く滑ること無く走行できました。
凍結路は試せないのでそれはわかりませんが平地での突然の雪にはだいじょうぶでしょう。

緑区は坂が多いので突然の降雪時に夏タイヤのため滑って走行できなくなる車両が続出します。
今夜も夏タイヤのままそろりそろり走っている車両が何台も。
冬支度をしていないなら車を出さない勇気が必要だと思いますが。

posted by けんけん at 21:31 | トラウ゛ィック
2017年01月06日

子どもたちが作ったごはん台

子どもたちが初めての木工工作で作ったごはん台。
早速今日の夕食からオニキスが使います。

お皿をセットするとこんな感じ。
ピッたりとはまりました。
170106-191318.jpg

下を向かなくて良いので食べやすい!
嬉しくて夕食にあげた分みんな食べてしまった。いつもは少し食べて残すのに。
170106-191356.jpg
posted by けんけん at 20:36 | 猫・・なまえはオニキス!
2017年01月05日

本日も・・・工房で子どもたちと工作

今日も学校、保育園が冬休みなので、工房で仕事をしながら子どもたちと工作。

昨日の続き、ネコのエサ台の製作

昨日は結局ボクが助け舟をだし、12mm厚15cm角の針葉樹合板の真ん中を糸鋸盤で丸く切ってネコ皿が入る穴を開けた板を作ってやりました。
もちろんのこぎりで板を切るところは子どもたちにも少しだけやらせました。初めて使うのこぎりにおっかなびっくり、でも嬉しかったようです。
その板に足をボンドで接着したのは子どもたちです。

170105-104106.jpg

170105-104049.jpg

木工ボンドが乾いたので本日は水性ペイントで塗装することにします。
塗装時に新聞紙にくっつかないように足を浮かせるためにネジで仮足としています。

子どもたちは何色にしようと大はしゃぎ!!
でも工房にあるペイント数色から選ぶことになります。

結局選んだのは黄色。

170105-114402.jpg

大人は手伝わずに子どもたちだけで塗れました。
塗りムラや塗り残しがあるのはご愛嬌。
子どもたちが色を塗ったことが大事です。

大変良く出来ました。
posted by けんけん at 21:36 | 子育て
2017年01月04日

工房で仕事をしながら子どもたちと工作

本日は妻が仕事で一日不在なので子守を兼ねて子供を工房に連れてきました。
保育園も小学校もまだ冬休みなのです。

僕も仕事なのですが、こういう機会はあまり無いので仕事をしながら子どもたちと工作をすることにしました。

娘は8歳、息子は6歳ですが、工作の「設計から製作までのプロセス」を学ぶ良い機会にしようと思って実は昨年のクリスマスにのこぎりやかんななど工作セットをプレゼントしたのです。

今回はいきなりですがネコのエサ台を作ろうと提案しました。
木工工作ですが、もちろん子どもたちではまだ難しいので手助けをするつもりです。

さて、これは息子が書いたネコのエサ台の設計図。
170104-204320.jpg

この絵ではよくわかりませんが一応三面図になっています。

姉弟二人で、工作セットに添えておいた100均で買った木のブロック各種を眺めながら
あーでもない、こーでもないと半ば喧嘩しながらどうやって作るか相談しているようです。

どんなものが出来上がるでしょうか(笑)。

posted by けんけん at 21:14 | 子育て