表Blogはこちら

ホームページはこっち


2016年05月28日

トイレ

猫のトイレの問題は重要です。

猫ちゃん自身もストレス無く快適でなければなりませんし人間も然りです。
いままでの飼育の経験から猫のトイレはこちらを使用してます。

まずトイレ本体。
専用の猫砂は使わないで松の木チップの猫砂を組み合わせています。
すのこが荒くパラパラになった松の木チップがシーツの上に落ちやすいと思います。


猫砂はこれ。松の木から作られたチップ(ペレット)で森の香りがするので快適です。
間伐材から作られているようで化学物質を含みませんから燃やしても環境にも優しい製品です。
砂じゃないけれど消臭力は抜群だと思います。おしっこでパラパラに崩れます。まったくと言っていいほど匂いません。
もっと容量が多くて価格が安い製品を見つけました。ストーブ用の燃料ペレットとして売られています。


取り換え用の消臭シーツはこれを使用。1匹で1週間持つとのことですが早めに交換したほうが良いと思います。


さて、トイレ取替え(掃除)の実際は・・・
週二回燃えるゴミを出す日があるのでその朝に作業してます。

まず猫のケージから出して。
r0016374.jpg

上の枠をはずすと「すのこトレイ」にのった松の木チップの猫砂が見えます。横には古新聞を1枚用意。
r0016375.jpg

すのこトレイを取り外して横に用意した新聞紙の上におきます。
これで1匹のおしっこ3〜4日分。
消臭シートが吸収しているのでベタつきもなくその上におしっこで崩れた松の木チップが降り積もって更に消臭をします。松の木は雑菌の繁殖も防ぐのだそうです。
ちなみにウンチはしたら毎回取り去ります。
r0016376.jpg

シーツの四隅を摘んで取り出し名古屋市の可燃物ゴミ袋へ。この状態でも殆ど匂いません。
日中は仕事に出かけてしまうので閉めきっていますが(24時間換気はある)家の中はまったくと言っていいほど猫のトイレの匂いは気になりません。
r0016377.jpg

新しいシーツを敷きます。シーツトレイやトイレ本体は普通は汚れていないので毎回は洗いません。
r0016378.jpg

もとどおり外枠をかぶせてできあがり。新聞紙も捨てます。
砂が少なくなっていたら補充します。継ぎ足すだけで全体を替えることはしません。
r0016379.jpg

ケージに戻して・・・。
3階建てのケージで1階がトイレのスペース。
r0016381.jpg

下僕はトイレ掃除をしっかりするのにゃ。
r0016384.jpg
posted by けんけん at 06:31 | 猫・・なまえはオニキス!
2016年05月23日

避妊手術

私の名前は「オニキス」!

先日避妊手術を受けさせました。
オニキスは雑種猫で、とくに繁殖は考えていませんし大人の猫がかかりやすい病気(乳腺腫瘍など)を未然に防ぐこともできるので決断しました。

名古屋市から補助が出ますので多少は割安でできます。
近くの動物病院で日帰り手術だとのことでお願いして手術費用は21000円(税別)、ほかに血液検査になにがしかの費用がかかりトータルでは2万後半という出費でしたがお猫様のためです。

本日はその抜糸で通院、ついでにマイクロチップも入れてもらいました。
名古屋市ではマイクロチップ装着にも補助金が出ますので活用させてもらい実費は2000円(税別)で済みました。

台風やとくに地震などの大災害で家屋が壊れたり避難時に迷子になったりするペットが多数あり後に保護されても飼い主がわからない場合は多くは殺処分になってしまうそうです。

マイクロチップは少ない費用で装着、登録できますので、たとえ拾った雑種の犬猫でも飼い主は情報を登録しておけば不幸な運命をたどるペットを少なくできます。

動物病院への道すがらに保健所に寄って補助の申請をして動物病院へ。

チップの挿入器(特殊な注射器)を見せてもらいましたが針が太くて痛そう!
でもオニキスちゃんは声も出さずに頑張りました。診察前に緊張してウ○チが出てしまったのは秘密です。

これでしばらく医者通いは無いでしょう。

大嫌いなキャリーケースや


ネットに入らなくて済みます(笑)


でもこのネットは役に立ちました。
洗濯ネットでもいいんですが、こちらのネットは目が荒いのと滑りにくい素材で猫がより安心できるのだと思います。

通院時はこのネットに入れてからキャリーケースに入れて連れて行きます。

posted by けんけん at 21:52 | 猫・・なまえはオニキス!
2016年05月22日

合奏会

本日はテネラメンテ音楽教室の合奏会(合奏レッスン)

うちの子どもたちも先生の両隣で大人の生徒さんに混じって参加です。
長男(6歳)は椅子に座ると足が届かないので立って弾いています。
shot0009.jpg

今回はヴィヴァルディの合奏協奏曲作品3−6のテュッテイも弾くことに(今回は1楽章だけ)なりましたので意気揚々と参加しましたが・・・・。
長女は終わりまで通せたそうです。
長男は途中で落ちたけれど自力で復帰出来たとのこと(本人談)。なかなかやるじゃないか。

ちなみに、オケの手前は弦楽四重奏用のスペース。
今回は2組の生徒さんが弦楽四重奏をそれぞれ2曲演奏することになっています。

私と妻もヴァイオリンとコントラバスでお手伝いです。

長男は緊張して始まる前から何度もトイレに行ったとのこと。
4時間にわたる長丁場でしたが、良い経験になったと思います。

来月はヴァイオリン発表会です。
posted by けんけん at 22:53 | 子どもたちのヴァイオリンレッスン