表Blogはこちら

ホームページはこっち


2018年11月29日

冬タイヤに交換とETC修理

夏タイヤから冬タイヤに交換する時期になりました。
いつもは工房で自分で付け替えているのですが、先日パンクしたタイヤも新品に組み付け交換しなければならないので、これらの作業を持ち込み交換屋さん「ピットステーション豊明店」に依頼しました。

パンク交換のための新しい夏タイヤは例によってアマゾンに注文。
ピレリP1を1本だけです。
アマゾンからの配送先はピットステーション豊明店に指定。

仕舞っておいた冬タイヤを出して昨日のうちに車に積み込んでおいたので今日はそのまま午前の仕事に行きます。

タイヤ交換は午後2時の予約です。
担当の人はいつものように素早い作業で3時前には終わりました。
費用は全て込みで4428円でした。

お店の人の話では、今年は釘を踏んでのパンクが多いのだそうです。
きっと景気が良くて??建築業界が忙しいのでしょう。


さて、工房に戻ってETCを取り付けます。

これも先日来カードをローディングできなくなっていたものを自分で修理をしたのです。
カルソニックカンセイのETC車載器。
古いのでこの際ETC2.0の新しいものを買い直そうかとも思ったのですが、やはり修理することにしました。

ネットで調べると、カードのローディング、イジェクトの機構のグリス硬化が原因らしい。

分解してみると、たしかにグリスで固着してスライド機構が動きません。
手元にあった接点復活剤(潤滑剤入り)を吹き付け何度か動かしているうちにスライドするようになりました。
適当なカードをいれてロックやイジェクトができるか確かめました。

元のように組み付け車に取り付けてみるとETCカードを読んでくれたのでOKです。

いそいで作業したので修理中の写真は取りませんでした。
分解前のETCユニット
dsc_0723.jpg
posted by けんけん at 20:34 | トラウ゛ィック
2018年11月20日

パンク

仕事に行く前に車を目視で点検したら左後ろのタイヤの空気が抜けていることに気がついた。

ちかくのガソリンスタンドで空気をいれようとしたら店の人が「これはパンクしてますよ」と。
リフトアップしてみたら大きな釘が刺さっていました。残念!!
dsc_0716.jpg

65mmくらいあるステンレスの釘。どこで拾ったのだろう?
dsc_0717.jpg

パンク修理をしてもらったが釘が太く曲がって斜めに入っているとのことでダメでした。
残念!!!

スペアタイヤに付け替えて仕事に向かいます。
後日新品に交換だ。
posted by けんけん at 19:00 | トラウ゛ィック
2018年10月27日

初カルテット

子どもたちのレッスンではモーツァルト弦楽四重奏曲 Kv.80 ト長調も課題になっています。
長女10歳は1'stVn 長男8歳は2'ndVn。

本日は大人の生徒さんのカルテットの練習日。

長男も急遽参加して先生方に混じって初カルテット。
いきなり練習なしの本番で緊張しました^^;
screenshotvid_20181027_154808.jpg

残念ながら、長女はウォーキング大会に泊りがけで行っているのでカルテットには参加できませんでしたが・・。
posted by けんけん at 19:59 | 子どもたちのヴァイオリンレッスン
2018年08月23日

ハイドン交響曲特訓中

9月17日にラッハナー・アンサンブル協会・名古屋新室内合奏団の「ハイドンフィルハーモニー」演奏会が有るのですが、子どもたちがそれに出させていただけることになりただいま特訓中(笑)です。

長女は交響曲第33番のファーストヴァイオリン、長男は交響曲Bのファーストヴァイオリンとのことです。

すごく勉強になるのは、大人に混じって普段よりも早いテンポ、しかも指揮がないアンサンブルですから他のパートを聴きながら呼吸もハーモニーも合わせなければならないということ。

子供のうちからハイドンの交響曲を実地で勉強できるなんて我が子ながら羨ましい限りです。

親の気持ちとしてはもうちょっと一生懸命練習して欲しいのですが、やはりそこはこども。どこ吹く風と言った風情に見受けられます。
まあ、交響曲を全曲弾き通すのは生まれて初めてで誰もが通る何も分からないところからと言うことで見守っていきたいと思います。

これで一歩、いや数歩先に進んでくれたらと、それは先生の願いでも有るのです。
ふたりとも楽器をサイズアップ(姉は3/4に、弟は1/2に)したばかりでいまが飛躍の時だということで(笑)。

posted by けんけん at 23:17 | 子どもたちのヴァイオリンレッスン
2018年04月08日

猫の里親を募集しています

私の弟が猫好きでノラを保護して現在5頭飼っているのですが、病気療養中の身となり多頭飼いが体力的に難しくなりました。

猫が何匹かいますのでその子たちの里親になってくださる方を募集しております。

名前 ジジ(オス)黒
2018031713570000.jpg2018031713570001.jpg
  (左の灰色の子は里親が決まりました)
年齢 1歳くらい
黒猫。胸の白い毛が特徴です。ビビリですがよく食べ元気よく走り回っています。
 備考 ワクチン、避妊未実施。

名前 ジークフリート(オス)黒
2018032722480000.jpg2018032722510000.jpg2018032722490000.jpg
年齢 2歳半くらい
黒猫。ブルーがかった瞳。光の関係で青く見えますが黒猫です。人見知りしますが甘えん坊です。
膝の上が大好きでフミフミしつつ大きな音で喉をゴロゴロ鳴らすそうです。爪切りの途中でもゴロゴロ言ってるそうです。
上のジジの父親。
 備考 ワクチン、去勢未実施。

名前 マリーダ(メス)
2018031722550000.jpg2018031722540000.jpg
年齢 2歳半くらい
黒猫。日が当たると褐色に見えます。人見知りします。
上のジジの母親。
 備考 ワクチン、避妊未実施。

猫は豊明市におります。
里親になってもよいという方は片桐までメールいただければ幸いです。
posted by けんけん at 07:23 | 猫の里親募集中
2018年04月04日

てんもんでゃー

名古屋弁で天文台のことを「てんもんでゃー」と言います。
いわゆる二重母音で、「だぇや」と「でぇや」の中間のような発音なので文字では正確に書き表せませんがこのようなイメージです。

豊明の実家にかつて自作で建築した月面観測用天文台も30年過ぎて老朽化、ドームスリットの開け閉めが出来なくなりドームを作りなおさなければならなくなりました。雨漏りもあります。
これは建設当時の写真。
zenkei.jpg

子どもたちが天文や科学に興味を持ってくれるのならば一緒にドームを作り直したいと考えております。

幸い望遠鏡はメンテナンスは必要ですが大丈夫です。
26cm反射赤道儀。現在、鏡筒は保護のため外して母屋に保管しております。
tels.jpg

この夢を叶えるには・・・
posted by けんけん at 22:20 | 趣味の天文
2018年02月05日

スタッドレスタイヤ交換

トラヴィックは昨日やっと車検と修理から戻ってきました。
昨年11月から約3ヶ月間預けてあったので夏タイヤからスタッドレスに付け替えてなかったんです。

午前中に急いでタイヤの付け替え。

今回からこんな道具を導入。
欧州車のホイールはハブにボルトじめなので、ホイール脱着時に予めガイドボルトを入れておくと手で支えていなくて良くなり作業性が向上します。
dsc_0248.jpg

ホイールをセット時つきだしたガイドボルト。4つのラグボルトをかるく締めたあと手で簡単に緩めて抜き取り残りのラグボルトを入れます。
dsc_0250.jpg

最後にトルクレンチを使い規定の締力で締めておきます。

夏タイヤは軽く洗ったのち工房の保管場所にしまいました。
これでやっと工房での仕事スペースが広くなりました。
posted by けんけん at 00:00 | トラウ゛ィック
2018年01月25日

インフルエンザで学級閉鎖

今年も猛威を振るっているというインフルエンザ

子どもたちは予防接種も済ませてありいまのところ無事ですが、通っている小学校では学級閉鎖が相次ぎ、とうとう昨日3年生の娘のクラスも金曜日まで学級閉鎖になってしまいました。
1年生の息子のクラスはまだ大丈夫ですが・・・。

ということで今日と明日娘は家にいることになってしまい工房で仕事をするはずだった僕が娘の面倒を見なければなりません。

というわけで工房に行けず仕事は滞っております。
家で事務仕事をします・・・。
posted by けんけん at 08:55 | 子育て
2017年11月06日

猫タワー!!

オニキスは9月にストレスなのか膀胱炎になり、嫌いな動物病院にも行き療養食も食べなんとか治ったようですが、また病気になってしまうと大変なので少しでもストレスが掛からないようにと猫タワーを用意してやりました。

例によってアマゾンで買ったんですが・・。


はじめは天井までのタワーとも迷ったんですがこちらにして正解でした。
うちの場合圧迫感無く窓際のコーナーに収まってます。

でも組み立て設置して2日くらいは警戒して乗ってくれませんでした。

ある朝、気がつくとタワーのてっぺんにドヤ顔で丸くなって収まっていました。
dsc_0155.jpg

置物のような・・・
dsc_0152.jpg

まあ、膀胱炎も治りタワーにも喜んでくれてよかったです。
posted by けんけん at 22:57 | 猫・・なまえはオニキス!
2017年10月19日

月の地下に巨大な空洞

久々の天文ネタ

月の地下に巨大な空洞を確認

国際共同研究チームは、日本の月周回衛星「かぐや」に搭載された電波レーダ、月レーダサウンダーで取得したデータを解析し、月の火山地域の地下、数10m〜数100mの深さに、複数の空洞の存在を確認しました。確認された地下空洞の一つは、「かぐや」が発見した縦孔を東端として、西に数10km伸びた巨大なものです。地下空洞の存在を確実にした今回の成果は、科学的にも将来の月探査においても重要なものです。溶岩チューブのような地下空洞内部は、月の起源と進化の様々な課題を解決出来る場所であり、また月における基地建設として最適の場所だからです。縦孔は、こうした地下空洞への入り口の可能性がありますが、縦孔の数は非常に少なく、科学的探査や基地を作ることのできる地下空洞は希少かもしれません。

詳しくは宇宙科学研究所のHPでどうぞ。かぐやから撮影した縦孔の動画もあります。

子供の頃から天文科学が好きで大人になってからは月惑星研究会月面課に参加して自宅天文台の26cm反射望遠鏡で月面観測もしていましたから、この記事は非常に興味を持って読みました。

望遠鏡で月面を眺めていますと隕石がぶつかってできたクレーター以外にもどうしてできたのか不思議な地形がよくあります。そういう地形は溶岩によるものらしいのですが、今回のトンネルも溶岩チューブとのこと。

先日土星に突入して観測探査を終えたカッシーニもそうですが、新しい技術による精密な探査でいろいろ新発見があるのは素晴らしいことですし、今回の日本の探査機かぐやの観測成果のようにハイビジョンカメラなど日本の技術が生かされていることを誇りにも思います。
posted by けんけん at 08:16 | 趣味の天文